SEIKO

by Seiko watch design

  • 日本語
  • English
メニュー
HomeNew arrivals
New arrivals
Vol.32 キングセイコー 受け継ぐもの、変えていくもの。
Vol.32 キングセイコー 受け継ぐもの、変えていくもの。
1975年に生産終了し、2022年にレギュラーモデルとして復活を遂げたキングセイコー。復活にあたってのデザインのポイントについて語ります。
2022.07.29
<グランドセイコー>が、 「レッドドット・デザイン賞」の最高賞「Best of the Best」を受賞 ~対象モデルは、エボリューション9 コレクションSLGH005~
2022.06.20
Vol.31 小さな盤上に自然美を宿す。グランドセイコーのダイヤルの魅力。
Vol.31 小さな盤上に自然美を宿す。グランドセイコーのダイヤルの魅力。
日本の美しい自然にインスピレーションを受けデザインされたグランドセイコーのダイヤルについて語ります。
2022.05.31
Vol.30 タネも仕掛けもございます。 「見やすさ」を支える、書体デザインの秘密。
Vol.30 タネも仕掛けもございます。 「見やすさ」を支える、書体デザインの秘密。
毎日、私たちが何気なく目にしている腕時計。そのダイヤルに刻まれた、書体のデザインについて語ります。
2022.04.22
【終了しました】2月22日は猫の日!保護猫たちがウオッチのモデルのお仕事をします。
2022.02.21
Vol.29 時代が変わればデザインも変わる。 セイコー 5スポーツの過去と現在、そして未来。
Vol.29 時代が変わればデザインも変わる。 セイコー 5スポーツの過去と現在、そして未来。
長い歴史をもつセイコー 5スポーツについて、その歴史をよく知るセイコーミュージアムのスタッフと、若手の二人が語ります。
2021.12.29
Vol.28 伝統の技とデザインの融合。セイコー プレザージュ クラフツマンシップ シリーズの挑戦。
Vol.28 伝統の技とデザインの融合。セイコー プレザージュ クラフツマンシップ シリーズの挑戦。
工業製品と伝統工芸、それぞれの個性が調和したプレザージュ「クラフツマンシップシリーズ」。デザイナーと開発者が、現在に至るまでの軌跡について語ります。
2021.11.30
セイコーウオッチ株式会社 創業140周年記念コンテンツ「Seiko Design 140」公開
2021.10.29
<セイコー プロスペックス> セイコーダイバーズのヘリテージ、1968メカニカルダイバーズのデザイン復刻モデルが国際的なデザイン賞「iFデザインアワード」を受賞
2021.07.02
Vol.10 時計の本質を捉え直した、セイコー パワーデザインプロジェクト。
Vol.10 時計の本質を捉え直した、セイコー パワーデザインプロジェクト。
今日のセイコーにつながる当時のプロジェクトを、象徴的な時計とともに紹介。
2021.07.02
このページをシェア