by Seiko watch design

English

虫の視点で時計をデザインする。by SeikoDesign Vol.1

「100分の1ミリ」が、私たちのデザインの単位。

1999年にこの会社に入って、現在はグランドセイコーをはじめとして、さまざまな時計のデザインを担当しています。腕時計の外縁を含めたケースサイズは、大きくても50ミリを超えることはほぼありません。そんな小さな世界の中で、私たちが日々どのような哲学で、どのような細やかさでデザインをしているのかについて、お伝えできればと思います。

写真は、ステンレススチール製のケースに中にシルバーダイヤルが収められたグランドセイコー「SBGJ217」。この小さな腕時計の中に、デザイナーたちの「虫の視点」によるデザインの工夫を無数に凝らしている。

まずは、このグランドセイコー(GS SBGJ217)の文字盤を見てください。文字盤の周囲に置かれている長方形の「分目盛り」。これは太さが0.12ミリなのですが、その分目盛りの横にある、さらに細かい目盛りは太さが0.08ミリです。その太さを0.07ミリにするか、0.09ミリにするかで時計の視認性や美しさは大きく変わっていきます。太さが、一割以上も増減するわけですから。

たかが、100分の1ミリ。されど、100 分の1ミリ。その微差ともいえる違いが、視認性を究極にまで高めていくのだ。

0.01ミリや0.02ミリの違いなんて。時計を身につける人たちにはわからないのでは? そう思われるかもしれませんが、違うんです。その0.01ミリの違いを、普通の人たちも敏感に感じ取る。その微かな違いが時計の視認性はもちろん、人びとの安心感や心地の良さ、高揚感につながる。僕たちは、そう信じてデザインをしています。

さらに、この目盛りの接地面を見ていただくと。肉眼では分かりにくいのですが、目盛りと文字盤の間に、ごくごく薄い透明の層があります。そうしたほうが、デザインに奥行きが出て、見た目が美しくなるからです。この文字盤を小さな虫が歩いたら、池に貼った氷の上にいるような気分になるかもしれません。ちなみに、このクリア加工の厚さは0.05ミリ程です。

文字盤に施された0.05ミリ程のクリア加工。その上に文字や目盛りが配置されている。デザイナーの「虫の目」は、ただ高精度というだけではなく、「立体的にものをつめる」ことでもある。