by Seiko watch design

English

Archive Collection 4

私たちは腕時計メーカとして、冒険家に向けた腕時計も数多く開発してきました。
著名冒険家と共同開発を継続することで、多くの知見を商品に反映し、
その「挑戦へのロマン」をユーザーへと提供してきました。今回はそんな
人類の限界に挑む冒険家を支えてきた、アドベンチャーウオッチたちを紹介します。

アルピニスト
Alpinist

自動巻きキャリバーを搭載の登山愛好家向け腕時計です。その前身は1959年に登場の「ローレル・アルピニスト」。その名を受け継ぎ、30余年の月日を経て1995年に発売となりました。堅牢性の高いステンレススチール製ケースに20気圧防水構造を採用し、アウトドアでのハードな使用に耐えうる設計。ガラスの上にはカレンダー窓を拡大するマグニファイドレンズを装備。

太く個性的な時針と偶数配列のアラビア数字のデザインが特徴的。金色の針とインデックスで機能性を感じさせつつ、エレガントな印象に仕上がっています。

4時位置にあるりゅうずの操作で外周リングが回転し、太陽の方向から方位を計測できる仕組み。方位を示す英文字や「Alpinist」の赤い文字がスポーティな印象。

ランドマスター AGS
Landmaster AGS

キネティックキャリバー(自動巻き発電式システム)を搭載した冒険家向け腕時計。軽量で錆に強いチタンケースを採用し、20気圧防水を実現。外部からの水の浸入を極力防ぐため、裏蓋のないワンピース構造を採用しています。このワンピース構造を採用したことにより、裏側に余計な凹凸がなく、スムーズな曲面とすることができ、肌馴染みに配慮しています。

ベゼルを回転させることで方位の計測が可能。ベゼルをMIM(金属粉末射出成型)で成形することで、方位計の細かい目盛りも立体的かつシャープに表現。

外部からの水の浸入を極力防ぐため、裏蓋のないワンピース構造を採用。肌ざわりに配慮して、裏側に余計な凹凸がなくスムーズな曲面に仕上げている。

プロスペックス グレートトラヴァース
Prospex Great Traverse

GPSソーラーキャリバーを搭載したアウトドア用の腕時計。高い外装スペックと視認性はもちろん、ソーラー充電により駆動が途切れることなく、GPSで位置・時刻情報を受信して、地球上のどこにいてもその場所の時刻を正確に表示できます。12時位置のりゅうずは、装備の妨げにならない機能性を保ちながら、デザイン面でもアイコニックな存在となっています。

成型によって造られた超立体的なインデックスは、夜間でも視認性がよく、ボールドな時針・分針の形状と相まって、時計部の判読性を飛躍的に向上させています。

軽量で堅牢性が高く、錆にも強いチタンケースを採用。20気圧防水により、過酷な環境下においても、ユーザーの活動を力強くサポートしていくことができます。

プロスペックス アルピニスト デジタル
Prospex Alpinist Digital

Bluetooth通信機能を装備した登山用ソーラーデジタル腕時計。スマートフォンと通信を行い、記録した高度や時刻情報などを登山記録として保存できます。高度、気圧、温度、方位を計測して、平均登高スピードを計算することも可能。それらの情報の把握で、無理のない登山計画を立てられます。軽量で肌あたりがよく、耐久性に優れたシリコンバンドを採用しています。

ケース形状は凹凸の少ない一体感のある末広がり断面形状で、腕馴染みのよい形状に。ユーザーのストレスを最小限に留めるように配慮したデザインとなっています。

操作性と誤操作防止を両立させるため、半月状のボタンパイプに滑り止め付きのボタンを配置。ベゼルとバックルに鮮やかな赤色を採用し、アクティブなイメージ。

ランドマスター スプリングドライブ
Landmaster Spring Drive

従来、登山用時計に搭載されてきた方位計ベゼルを取り除き、時刻表示に特化した腕時計。このモデルは、登山家の三浦雄一郎氏よりアドバイスを得ながら開発されました。バックパックや防寒具の着脱時に引っかからないよう、通常は3時の位置にあるりゅうずを12時側に配置。その操作性と腕馴染みを両立させるため上下非対称の形状にしています。

ケースを側面から見ると台形に見える、いわゆる「フジツボ形状」。登山中に装具が引っかかる可能性を極力排除するために施されたデザインです。

ブラックダイヤシールドのケースに映える赤い文字で、堅牢性の高い登山装具のようなイメージ。タフな印象とギアシズルが、ロマンを掻き立てます。